ハウスボールでカーブボールを投げるコツを徹底解説

ハウスボールでカーブを投げるコツについて解説します。

 

いきなりですけどおすすめはしません

 

カーブボールは派手でピンも倒しやすいですが、正直、ハウスボールでカーブを投げるのはおすすめできません。

 

タイトルでがっつり「ハウスボールでカーブボールを投げるコツを徹底解説」と書いておいてなんなんだと思われるかもしれませんが^^;

 

ハウスボールは曲がりにくい素材を使っており、そもそもストレートボールが基本となっています。

 

それを無理矢理曲げようとすれば無理が必要になり、当然コントロールも定まらなくなってスコアの悪化につながってしまうんです。

 

親指を入れないサムレス投法

 

それでもハウスボールでカーブを投げたいという人向けにその投げ方を解説します。

 

ハウスボールでカーブを投げるには無理矢理回転をかける必要がありますが、そのために有効なのがサムレス投法です。

 

親指を入れない、中指と薬指だけ入れて投げる方法になります。

 

抱え込むようにしてスイングする

 

親指を入れないので、通常のスイングをしてしまうとボールは落ちてしまいます。

 

それを避けるために、ボールは手首を中に折って、手のひらで抱え込むようにスイングしてください。